サム・メンデス『1917 命をかけた伝令』

サム・メンデスなんです!そうなんです!(川平さん風に)ギンギンギラギラの光なんですそうなんです!あのショットを浴びるか浴びないか、浴びてください、健康にいいよ。※ネタバレありブルトンは、一九一三年パリ大学の医学部に入学したが、戦争が勃発して一年後に動員され、最初は前線に近い神経医学センターでインターンの職務についていた。一九一六年の末に…

続きを読むread more

帰りたい場所があるんです—— 諏訪敦彦『風の電話』

佐藤です。モトーラさん、めちゃくちゃ好きです。『少女邂逅』(良い映画!)から知った方だったんですが、もう今作の繊細さ、危うさが素晴らしすぎて。ちょっと冷静に、客観的に見られない自分がいる。ぜひ劇場で観て頂きたい、素晴らしい作品です。映画はすごいよ。※ネタバレありまず、何よりも良いと思ったのが、ハル(モトーラ世理奈)と森尾(西島秀俊)の関…

続きを読むread more

『Last Letter』の批判的検討

※ネタバレありここでは自分が作品に対して感じた違和が主軸になる。ただ、文句をとうとうと垂れ流すだけなら誰にでもできてしまうので、語り得ることができた物語の可能性というものについても考えてみたいと思う。それにしても、何よりもまず自分が解せないと思ったのは、『Love Letter』組の中山美穂、豊川悦司が痛みの表象として描かれていたところ…

続きを読むread more